文字サイズの変更

板橋区医師会在宅医療センター

ホーム > 研修報告 > 2015年9月「認知症と意思決定」

研修報告 Cure&Careミーティング

2015年11月「認知症疾患医療センターの概要と役割について」

11月20日(金曜日) 19時から21時
テーマ 「認知症疾患医療センターの概要と役割について」
講師  東京都健康長寿医療センター
認知症疾患医療センター認知症専門相談室 畠山 啓氏
 第4回CCミーティングは、65名と多くの参加者のもと、「認知症疾患医療センターの役割について」、東京都健康長寿医療センター認知症疾患医療センター認知症専門相談室の畠山啓氏にお話頂きました。認知症疾患医療センターの取り組みとして、アウトリーチ事業、初期集中支援事業、人材育成の研修開催などの実際をお話くださり、多岐にわたる役割があることを知り、悩むことの多い認知症の方の支援において、認知症疾患医療センターが板橋区にあることは、心強いと感じた研修となりました。
 第3回、第4回と2回シリーズで認知症患者支援について学びました。「認知症があってもいつまでも住み慣れた地域で暮らすことができる」ために、専門職として日々の業務に取り組んでいこうと考えていける機会となりました。
文責 塩原
 
copyright(c) Itabashi zaitaku iryo center