文字サイズの変更

板橋区医師会在宅医療センター

ホーム > 研修報告 > 2016年5月「総合事業どうなるか」

研修報告 Cure&Careミーティング

2016年5月「総合事業どうなるか」

5月13日(金曜日) 19時から21時
テーマ 「総合事業どうなるか」
講師 高島平介護センター所長 小澤 徹氏
報告 ケアタウン成増在宅サービス課課長永井 潔氏
   高島平地域包括支援センター所長 田畑 文子氏
 H28年度C&Cミーティングの年間テーマは『板橋区が行う重点事業を育てよう』です。第1回は、76名の参加者のもと「総合事業どうなるか」のテーマで開催しました。
 高島平介護センター所長 小澤徹氏は総合事業の制度について具体的に説明してくださいました。また訪問介護事業所の立場として疑問に感じていることや、今後介護職が不足することなど先を見据えた課題についてお話くださいました。
 ケアタウン成増在宅サービス課課長 永井潔氏のお話は、赤塚地区事業者交流会での意見を集約して、区の方針との齟齬などで苦労していることなどでした。
 高島平地域包括支援センターの田畑文子所長は、総合支援事業に関わるマネージメントの実際の紹介と、利用者が困らない制度であるためには、現場から声を上げていくことも必要ではないかとの投げかけもありました。
 総合事業は始まったばかりの制度であり、今回多くの課題を共有しました。病気や障害があっても住み慣れた地域で生活し続けることを支えるために、まさに地域で育てていく制度であると実感した研修会となりました。
文責 塩原
  
copyright(c) Itabashi zaitaku iryo center